『この世界を楽園にしたい』
 
「美しい海を守りたい」
 
「目の前の人を元気にしたい」
 
「目の前の自然を大切にしたい」
 
「とにかく自分の周りを明るくしたい」
 
「人の良心を大切にしたい」
 
「心地よさを人に届けたい」
 
「今よりも少しでも良い未来にしたい」
 
そう思って動いてきた人はRakueneeds 
 
『この世界を楽園にしたい』そう思う人ならだれでもRakueneeds  
 

久高島での取り組み

rakueneeds
rakueneeds1rakueneeds1
rakueneeds2rakueneeds2
rakueneeds3rakueneeds3
rakueneeds4rakueneeds4
rakueneeds5rakueneeds5
rakueneeds6rakueneeds6
rakueneeds7rakueneeds7
rakueneeds8rakueneeds8
rakueneeds9rakueneeds9
rakueneeds10
rakueneeds11
rakueneeds12
 
 ↑画像をクリックすると電子BOOKがご覧いただけます
 
Rakueneeds from 久高島
 
楽園を必要とする人のフリーペーパー   <2月・6月・12月> 年に3回発刊
最新号:Rakueneeds 2019 旧正月 第12号 
表紙:沖縄の画家・金城龍太さん
散策するのに便利な詳細MAP付
設置場所:   安座間・久高フェリー待合所 / 交流館 / レストラン / 商店 ...等
 
 
[ Rakueneeds 12号 ]
久高島を訪れる方へ『あいさつしようよ』
KUDAKA MAP (久高島詳細map)
ゆっくりペース 島巡りコース
久高島の祭祀  久高島の旧正月
久高島での気づきを記録しよう
インタビュー 島を訪れた人の想い    
 (その21) エバレット・ケネディー・ブラウンさん
Rakueneedsの望んでいること
おすすめスポット Vol.11
 
 
 
 
 

Kauai島での取り組み

rakueneeds_from_Kauai

 
↑画像を クリックすると電子BOOKがご覧いただけます
Rakueneeds from KAUA'I 
 
楽園を必要とする人のフリーペーパー / 特別号 <2017年>
表紙:Kauai島に住むアーティスト Troy Carney さん
編集者おすすめMAP・おすすめスポット・おすすめSHOP
Kauai島に住むRakueneedsな人たち
Farmers Market 情報
 

目的

楽園を必要とする人たちとのつながり


「この世界を楽園にしたい」そう思う人、そして楽園をイメージして動ける人、実際に動いている人たちとつながりたい。


既に動いてきた人や、まだ自分で気が付いていない人も含めて、段階が違っても楽園を必要とする思いやSpirit(魂)を持っている人が必ずいる。その人たちと、出会いたいと思っています。
 
なぜ、つながることが大切なのか…。

楽園にするためには、あらゆる取り組みが必要であり、 自分たちだけ、一部の人だけで何とかなるようなことではないからです。
 
この世界を楽園にしてゆくこと事態が社会的価値を持つようにしていきたい、
 
ビジョン・Spirit(魂)でつながり、コミュニケーションをとることで、互いが洗練されてゆくからです。

つながる→広がる→価値が生まれていく

  
その動きが、未来の世界、楽園から見れば必要な働きです。
 
未来の楽園から見て、必要なこと、不足なことを生み出してゆくこと。
 
その「視点」を明らかにして、未来の楽園への道づくりを始めることが大切だと考えています。

映像ver.

 

 
「ごあいさつ」

平成29年4月18日
 

主催者/ 椚座 信 Kunugiza Shin
 
あなたの心・魂が楽園を望むなら、つながってください。
話をしましょう。
私が、この世界の楽園を目指して、ここまで、28年。
それまでの人生も含めて、いろんな経験が今を成立させています。
そのいろんな経験を、あなたの元気に変えてもらえると思っています。
逆に、あなたの存在、経験が私を元気にさせるでしょう。
 
閉塞した考え、迷い、不信、不安、不満、吹っ飛ばしていきましょう。
楽園を思う人が、動ける人が、元気にならないと、楽園は具体化しないから。
 
あなたの直感を大切にしてください。 

gland

 
 
楽園を求め、サーフボードを抱えて日本各地、ハワイ始め、 
世界中の、文化を体感しに旅をする。
1992年久高島に上陸。長年の島通い、人のつながりから、
塩の製造販売事業に関わる。 
生粋のRakueneeds(楽園を必要とする人)
 
株式会社 エスライン 
代表取締役 椚座 信 Kunugiza Shin
 
http://s-line-j.com/

 

もっと知りたい

short
 
qa
 
unei
 
 
 
maneken